おすすめの年会費無料ガソリンカード

値上げは止まらないガソリンカードのポイント比較で賢く節約

あなたはガソリンを給油するとき、現金で支払っていますか?クレジットカードで支払っていますか?もしかして、現金で支払ってる人はいませんよね。

普通のクレジットカードで支払ってる人も今一お勧めではありませんね。

スポンサーリンク
Sponsored Link

貯まったポイント数に応じてガソリン代が割引

ガソリンカードで一番ポイントがたまるのは、実は、ガソリンスタンドで発行しているカードで支払ってる人です。

車をよく使う人は、普段よく行くガソリンスタンドなどの石油元売り会社が発行しているガソリンカードが一番ポイントが貯まります。

カードでガソリン代を支払うようにすればカードの利用で貯まったポイント数に応じてガソリン代が割引になるのです。

ここ最近のガソリンの値上が財布を直撃する人も多いと思います。

ですが、ガソリンスタンドなどの石油元売り会社が発行しているカードでガソリン代を払うようにすれば、通常のクレジットカードでガソリン代を払うよりもポイントが貯まり、毎日車で通勤している人やよくガソリンスタンドを利用する人にオススメのカードです。

当然のことですが、値段比較をした場合は、セルフサービスのスタンドの方がガソリンの値段が安いので、セルフサービスのガソリンカードで給油することをオススメします。

でも支払いは当然カード払いして下さいね。

ガソリンカードのポイントで比較

では実際に使用できるガソリンカードのポイントで比較してみましょう。

1ヶ月間に200リットル給油する方で1年でどのくらいポイントがたまって得をするのか

●「JCBドライバーズ」プラスカード(12000円のキャッシュバック)
●「ENEOSカード(2年目以降)」(8400円)4800円キャッシュバック+3600円分のポイントがつく
●「シナジーJCBカード(2年目以降)」(8400円)(3600円分のポイント+4800円キャッシュバック)
●「シナジーNICOSカード(2年目以降)」8700円(3900円分のポイント+4800円キャッシュバック)
●「出光カード(ね~びきコースの場合)」(10800円)キャッシュバック
●「出光カード(た~まるコースの場合)」(5400円分のポイント)
●「出光カード「まいどプラス」(7500円)(2700円分のポイント+4800円キャッシュバック)
●「シェル・スターレックスカード(スタープライズコースでレギュラーの場合)」(7200円)キャッシュバック
●「シェル・スターレックスカード(スタープライズコースでハイオクの場合)」(19200円)キャッシュバック
●「シェル・スターレックスカード(わいわいポイントコースの場合)」(4800円分のポイント)
●「コスモ・ザ・カード」(720円分のマイル)
●「JOMOカードプラス」(12240円分のポイント)
●「一般的なクレジットカード」(1800円分のポイント)

すでにガソリンスタンドの発行しているカードを持っている人や、よく利用するガソリンスタンドが決まっている人には関係ないかもしれませんが、月々のカードの利用金額やガソリンの給油金額によってどのカードがどれくらい得をするのかを比較してみました。

すでに行きつけのスタンドの発行しているカードを持っている人や、よく利用するガソリンスタンドが決まっている人も、給油金額や給油リットル数、毎月のカードの利用金額などを見直すだけで、自分がガソリンスタンドのカードを利用した場合に1年間で得をする金額が簡単にわかるので、再度確認してみることをオススメします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加