最新クルマ情報

ホンダN-WGNに109万円エントリーモデルを追加、これは買いか?

巷でよく見る(?)ホンダN=WGN、会社の同僚2人が乗ってます。
その同僚が先般ディーラーにオイル交換しに行った際、
エントリーモデルが展示してあったそうです。
同僚は『もちっと待てばよかった~』と言っていましたが・・?
果たしてそうでしょうか?ちと調べてみました。

同僚が乗っているのはN-WGNカスタム(畑違いでは?)
最高級グレードとエントリーモデルを比較する同僚も同僚ですが、
一体どこが違うのか?、まあエンジンや内装などを思いますが、
当然値段の差は歴然の内容、簡単に書いてみました。

まずはエントリーモデル『C』の装備

● VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)
● フルオートエアコン
● ハロゲンヘッドランプ
● アイドリングストップ
● 運転席・助手席エアバックシステム
● セキュリティアラーム
● パワーウィンドー
● パワードアロック 
● ワンタッチウインカー
● ライト消し忘れ警告ブザー
● アレルフリー高性能脱臭フィルター
● ヘッドライトオートオフ機能
● 電動格納式リモコンカラードドアミラー
● UVカット機能付きガラス(フロント、リア)
● 14インチスチールホイール+タイヤ
● 高性能DOHCエンジン
(出力58ps、トルク65N・m)

などなど・・・・

エントリーモデルとは思えないほどの豪華装備ですね~。
私が乗っている車よりも豪華な装備だらけです(笑)

この時点でも・・・通勤や買い物で使うには十分すぎます。
これは買いでしょう!(笑)2台目や初めてのマイカー等、
まさにエントリーモデルですね。

では・・同僚が乗っている『Custam』 は?
『C』の装備に加えて・・豪華装備が揃っています。

● クォリティインテリア(クリアパネル等)
● オートライト機能付きディスチャージヘッドライト
● カスタム専用フロントグリル
● 14インチアルミホイール
● LEDドアミラーウィンカー
● カラードテールゲートスポイラー
● 本革巻きステアリングホイール
● クルーズコントロール
● シートーヒーター
● 高性能ターボエンジン
(出力64ps・トルク104N)

などなど・・・

もう別の車ですね(笑)

ちなみに価格は(本体のみ)

『C』  109万円(税込)

『custom』 約174万円(税込)

となります。

170万円となると・・デミオやアクセラあたりも狙えますね。
ただ駐車場等限定がある場合は『custom』もありかなと思います。
これだけの豪華装備なら日々も楽しいでしょうね!(^^)!

私も今まで軽は2度所有したことありますが(ダイハツ)、
最初はほんとに超初心のエントリーモデル(商用?)ミラAタイプ。
最小限過ぎる装備に四苦八苦したもんです(かーん)

まずエアコンなし、音源は別売りラジオ付きカセット、タイヤ12インチ、
窓開けは手動(パワーウィンドなし)さらに2ドア簡易リアシート。
『C』の装備が羨ましすぎます。(雲泥の差ですよ!)

さすがにエアコンないのはきつすぎたので(それでも2年乗りました)
ちと豪華にターボ付きXXを購入、これは楽しかった~。
(2年後事故で廃車になりました)
あの当時の軽は結構うるさかったのですが、今の軽はかなり静かですよ。

ちと横道にそれましたが・・(笑)
時代とともに軽自動車も進化しています。

今回ご紹介した『C』エントリーモデルでも十分な装備、
馬力はあるので買いを検討するには十分だと思います。

では・・・欠点はないの?

それに関してですが・・あえて言うなら常時4人で乗る、
坂道が多い地域だとちときついかもしれません。

前にも書きましたが、広島の尾道、呉などは特に勾配がきつい、
このような場所で満席、荷物を満載して上り下りする使い方だと・・、

『C』

はきついかもしれません。(平地なら問題ないと思います)
その時はターボモデルをお勧めします。

もう一つ

最近はアルミホイールが主流になっていますが、意外と重いんです。
燃費重視ならスチールホイールのままでいいと思います。

アルミホイールはいろんなデザインがあってオシャレですが、
反面鉄ほど強度がないので、剛性を高めるために量を使うんです。

そのためアルミホイールの方が重いという話はよく聞きます。
試しに私の車のアルミホイールと、ほぼ同クラスに使うスチールホイール、
これらを抱えてみましたが、アルミホイールの方が断然重い、
安いアルミホイールは重いタイプが結構あるんです。

メーカーは標準装備のタイヤで測定をします、別売りのホイールの場合、
大幅に燃費が落ちることもあり得ますので・・この辺は注意必要ですね。

『C』には必要な装備はほぼ揃っていますが・・、
力強さや豪華さなどにこだわる方にはちと物足りないグレードです。

● 過剰な装備はいらない
● 便利よく使いたい
● これ1台あれば便利がいい
● 安上がりに済ませたい
● 運転しやすい車が欲しい
● おしゃれで乗っていて楽しい

このような方には『C』は適していると思いますよ。