法人ガソリンカードで年会費無料の比較ポイント

法人ガソリンカードの比較で価格高騰から家計と経営を守ろう!

5月1日、ガソリン暫定税率が復活しましたね。

原油価格が100ドルを越えた頃から、ガソリンは値上がりを続け、5日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格は、全国平均159.2円と、28.6円も上昇しました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

今、ガソリンが大変な事態になってきています

ガソリンを卸す石油元売会社は、ガソリン卸値を30円前後引き上げており、ガソリン店頭価格も一段と上がる予測で、レギュラーガソリン160円台突破も目前に・・・今、ガソリンが大変な事態になってきています。

企業も各家庭も、少しでも安い値段でガソリンを購入するよう、なんとか防衛策を講じようとしています。

店頭価格の安いガソリンスタンドを探すのもヒトツの手ですが、法人ガソリンカードをご利用になってますか?

法人ガソリンカードで、多少の違いはありますが、カードを利用してガソリンを入れると、1リットル当たり数円安くなるようです。

嬉しいサービスの法人ガソリンカードを利用しない手はないですね。

いろいろとガソリンカードの特典を比較して、自分に最適な法人ガソリンカードを見つけて、徹底的にガソリンカードを利用し尽くしましょう。

法人ガソリンカード比較のために、何を比較すればいいのか、比較のポイントを考えましょう。

あなたの生活応じた観点から比較するのが、一番良いです。

比較する条件の重要度が変わってきますので、生活・行動様式に合わせた比較をお勧めします。

法人ガソリンカード選びの比較で、気をつける事は?

自分の会社に最適な法人ガソリンカードを、比較して探していきましょう。

法人ガソリンカードを選ぶ際に、どんな事に気をつけて比較すればいいでしょうか。

まず、第一比較項目は、自分の生活圏内で使えるガソリンカードか?って事です。

いくらガソリン単価が安くても、ガソリンカードで割引率が良くても、自宅から遠いのでは、ガソリン給油するのにガソリンをたくさん消費してしまう事になります。

こういうガソリンのムダ使いは避けましょうね。

法人ガソリンカードの比較ポイントは、けっこう重要です。

次は、ガソリンカードの年会費は無料かどうかという比較で選びましょう。

ガソリンカードを使ってガソリン代は安くなっても、年会費にお金がかかるのは、考えものですね。

今は、無料の法人ガソリンカードが多いので、この比較は大体のガソリンカードでOKです。

さらなる比較ポイントは、法人ガソリンカード使えるガソリンスタンドが少なければ、利用価値はありません。

利用店舗が多いかどうかの比較もしっかりしてください。

また、ドライブや旅行先でも持っているガソリンカードが使えるかも比較しておくという事なしです。

後の比較は、カード会社の信頼性の比較やポイント還元率の比較、ポイント使用期限の比較、交換できる景品が良質がどうかの比較などをして法人ガソリンカードを考えるといいでしょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加