経費削減必殺技!年会費無料ガソリンカードを比較しよう

これだけガソリンの値段があがると家庭も、会社も頭が痛くなってきます。

そこで経費削減のためにどのような対策がとれるでしょうか?

一番簡単で手っ取り早いのは、ガソリンカードです。

このサイトでは、今のところ天井をしらないガソリン価格を少しでも安くするためのガソリンカードについて比較、検討をします。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ガソリン価格を少しでも安くするためのガソリンカード

まず、ガソリンカードにはガソリンスタンド系ガソリンカードとクレジットカード会社系ガソリンカードがあります。

ガソリンに関することだから、ガソリンスタンド系のカードの方が得に決まっていると考えられるのは早計です。

ガソリンスタンド系ガソリンカードかクレジット会社系ガソリンカードかを決めるためには、2つのメリットの比較をしなければなりません。

ガソリンスタンド系カードの方は、その会社独自の特典がいろいろと組まれています。

しかし、ガソリンスタンド系カードはそのガソリンスタンド会社でしか使えません。

他方、クレジット会社系のガソリンカードはどの系列のガソリンスタンドでも使えること、またガソリンだけではなく他の買い物のポイントがガソリン代に反映されるキャッシュバック方式がとられていることもあり、クレジットカードのヘビーユーザーで、車を頻繁に使用し、よく遠出することがある人にはこちらが向いているかもしれません。

年会費無料ガソリンカードならお得比較で幸せ家族

ガソリンの値上げで家計は大変なことになっています。

少しでも安くするためにガソリンカードを利用するのがお得です。

しかしガソリンカードといっても色々と種類があるので迷ってしまいますね。

そこでどこのガソリンカードがお得なのか比較して賢い選択をしましょう。

ガソリンカードを取得することで得られるメリットと言えば、ガソリン代のキャッシュバックです。

中にはポイント還元方式を採用しているカードもあります。

多くの人は、それらのキャッシュバックやポイント還元を目的にガソリンカードを取得しますが、ガソリンカード取得で得られる最大の嬉しい本当のメリットは、会員価格で給油できる点にあります。

ガソリンカードを所得して会員になると全てではありませんが、多くのガソリンスタンドで、看板に表示しているガソリン価格のほかに、会員のための会員価格が設定されています。

ガソリンカードによる会員価格は、ガソリンスタンドによってまちまちですが、比較して平均してみると2円~4円程度安くなっているのが一般的なところでしょう。

ガソリンカード本当のメリットは会員価格で給油できる

看板価格より1リットルにつき2円引きだったとしてもかなりのお得です。

利用量とカードの種類によっては最大30円引き、なんてところもあります。

あなたがいつも決まったガソリンスタンドを利用しているというのであれば、ガソリンカードを比較したり考えるまでもありません。

そのなじみのガソリンスタンド系列のガソリンカードを作れば一番いいのです。

でも贔屓にしているガソリンスタンドにこだわってないのであればガソリンカードのお得度を比較して便利なガソリンカードを利用するのがいいでしょう。

1度の給油では、わずかな感じがするでしょうが、月や年で計算すると大きくなります。

すると豪華なおかずが増えて幸せ、なんてことがありますよ。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加